2010年01月18日

JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、神戸地検が井手正敬元相談役(74)ら歴代トップ3人を2度目の不起訴処分としたことを受け、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」は17日、起訴すべきかどうかを再審査する神戸第1検察審査会に対し、「起訴相当」議決を求める意見書を27日に提出することを決めた。意見書では、来月中旬をめどに遺族の意見陳述の機会を設けることも、あわせて要請する。

 改正検察審査会法に基づき、検察審査会が再び「起訴相当」を議決すれば、裁判所が指定した弁護士が強制的に起訴する。

【関連記事】
高まる検察審査会の存在感 JR西歴代3社長はどうなる?
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西と遺族、23年3月めどに報告書
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感

東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
今冬初の流氷、オホーツク海で確認(読売新聞)
「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)
「無事でいて」長崎の漁船不明、無事願う家族(読売新聞)
posted by jh29bcdfkl at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流氷 紋別の北160キロで初確認…海上自衛隊機 北海道(毎日新聞)

 海上自衛隊第2航空群司令部(青森県八戸市)は11日、この冬初めて流氷をオホーツク海上で確認したと発表した。同日午前10時25分ごろ、同群のP3C哨戒機が北海道紋別市の北約160キロの海上で幅約20キロ、長さ約100キロの帯状に広がる流氷を確認した。

 札幌管区気象台では、オホーツク海上空の気温が平年並みか平年より高く推移する見込みのため、陸地から肉眼で観察できる流氷初日は、平年並みの1月下旬か、それ以降になると予想している。【仲田力行】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
苫小牧ボート転覆:「気象の急変が影響」国交省調査官
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30〜40センチ
ボート転覆:5人死亡1人不明…釣りの自衛官 北海道
気象庁:関東地方などに低温警戒情報

<自民党>「小泉チルドレン」小野氏が離党 (毎日新聞)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に(産経新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
posted by jh29bcdfkl at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。