2010年06月11日

新首相動静(6月7日)(時事通信)

 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。
 午前9時50分、古川元久内閣府副大臣が入った。同56分、荒井聡首相補佐官が加わった。同57分、千代幹也内閣総務官が加わった。
 午前10時7分、仙谷由人国家戦略担当相が加わった。
 午前10時45分、荒井氏が出た。
 午前11時1分、荒井首相補佐官が加わった。
 午前11時45分、荒井氏が出た。
 午前11時54分、樽床伸二衆院環境委員長が加わった。同57分、枝野幸男行政刷新担当相が加わった。
 午後0時55分、仙谷氏が出た。同57分、細野豪志民主党前副幹事長が加わった。同1時5分、枝野、樽床両氏が出た。
 午後1時30分、仙谷国家戦略担当相が加わった。
 午後1時49分、全員出た。同50分、同ホテル発。
 午後1時55分、民主党本部着。
 午後1時57分、代表室へ。同59分、枝野行政刷新担当相、輿石東参院議員会長が入った。
 午後2時19分、輿石氏が出た。
 午後2時26分、枝野氏が出た。同27分、代表室を出て、同28分、党本部発。同33分、ホテルニューオータニ着。
 午後3時51分、同ホテル発。同58分、東京・永田町の憲政記念館着。同4時1分、民主党両院議員総会開始。
 午後4時20分、民主党両院議員総会終了。同22分、同所発。同31分、ホテルニューオータニ着。同33分、古川内閣府副大臣が入った。
 午後4時43分、福山哲郎外務副大臣が加わった。
 午後5時、福山氏が出た。
 午後5時4分、仙谷国家戦略担当相が加わった。
 午後5時31分、福山外務副大臣が加わった。
 午後8時42分、古川氏が出た。
 午後9時、仙谷、福山両氏が出た。
 8日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。
(了)

枝野民主党幹事長、野田財務相が固まる(産経新聞)
<菅首相>米大統領と電話協議 普天間、日米合意履行で一致(毎日新聞)
ホテル総支配人ら書類送検=CO中毒1人死亡―山口県警(時事通信)
家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、処分迅速化―宮崎(時事通信)
平城遷都祭「火炎瓶」脅迫男を逮捕 ボランティア応募「職員対応に腹立った」(産経新聞)
posted by jh29bcdfkl at 19:32| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

島根原発 運転差し止め訴訟棄却 原告勝訴、過去に2例(産経新聞)

 原発の周辺住民らが運転差し止めや設置許可取り消しなどを求めた訴訟は全国にあるが、原告が勝訴したのは高速増殖炉「もんじゅ」の設置許可を取り消した名古屋高裁金沢支部判決(平成15年)と、北陸電力志賀原発2号機の運転を差し止めた金沢地裁判決(18年)の2例だけで、いずれも上級審で住民側が逆転敗訴している。

 原告敗訴を言い渡しながらも、「電力事業者の対応には徹底して安全側に立つ視点に欠ける」(女川原発訴訟の仙台高裁判決、11年)などと、原発批判をにじませた判決もある。だが、ほとんどの判決は国や電力会社の主張を全面的に認めている。

 18年に国の耐震設計審査指針が25年ぶりに改定されるなど、安全評価基準は厳格化。各電力会社は最新の知見や手法を取り入れた調査を実施し、耐震性に余裕を持たせる工事を進めた。これが原発訴訟で国や電力会社にさらに有利に作用した、との見方もある。

 原発が想定を超える揺れに襲われる事態は実際に起きているが、訴訟の結果には直結していない。柏崎刈羽原発訴訟では、住民側が上告中の19年に新潟県中越沖地震が発生したが、21年の最高裁決定は「地震は判断を左右しない」と上告を退けた。

木村カエラ、瑛太さん結婚へ(時事通信)
「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
小室哲哉氏の会社に4万ドル支払い命令(産経新聞)
<普天間問題>「怒りマグマのよう」…沖縄、徹底抗戦の構え(毎日新聞)
<中国株>16日=押し目買いで3日ぶり反発
posted by jh29bcdfkl at 23:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。