2010年01月15日

予算委で「党首討論」=自公党首が質問に(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表が18日召集の通常国会の予算委員会で質問に立ち、政治とカネの問題をはじめ鳩山由紀夫首相を直接追及することになった。鳩山政権誕生後、党首討論は一度も開催されておらず、予算委で事実上の「党首討論」が実現する。
 昨年の臨時国会で、自公両党は再三、党首討論開催を要求。しかし、首相が偽装献金問題で集中砲火を浴びることを嫌ったためか、与党は拒否していた。
 通常、野党党首は国会冒頭に本会議場で行われる代表質問で政府の方針をただすが、自公両党首は一問一答形式の予算委に臨み、党首対決を演出することにした。衆院予算委に谷垣氏、参院予算委に山口氏が立つ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

v6jv9g99のブログ
ゆうえんち
l85h444dの日記ブログ管理ツール
草食系男子の逆襲
l6qzxwvhのブログ
posted by jh29bcdfkl at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。