2010年01月18日

流氷 紋別の北160キロで初確認…海上自衛隊機 北海道(毎日新聞)

 海上自衛隊第2航空群司令部(青森県八戸市)は11日、この冬初めて流氷をオホーツク海上で確認したと発表した。同日午前10時25分ごろ、同群のP3C哨戒機が北海道紋別市の北約160キロの海上で幅約20キロ、長さ約100キロの帯状に広がる流氷を確認した。

 札幌管区気象台では、オホーツク海上空の気温が平年並みか平年より高く推移する見込みのため、陸地から肉眼で観察できる流氷初日は、平年並みの1月下旬か、それ以降になると予想している。【仲田力行】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
苫小牧ボート転覆:「気象の急変が影響」国交省調査官
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30〜40センチ
ボート転覆:5人死亡1人不明…釣りの自衛官 北海道
気象庁:関東地方などに低温警戒情報

<自民党>「小泉チルドレン」小野氏が離党 (毎日新聞)
震災意識調査 働き盛り、災害に無防備?(産経新聞)
震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に(産経新聞)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
posted by jh29bcdfkl at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。