2010年01月18日

JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)

 JR福知山線脱線事故で、神戸地検が井手正敬元相談役(74)ら歴代トップ3人を2度目の不起訴処分としたことを受け、遺族らでつくる「4・25ネットワーク」は17日、起訴すべきかどうかを再審査する神戸第1検察審査会に対し、「起訴相当」議決を求める意見書を27日に提出することを決めた。意見書では、来月中旬をめどに遺族の意見陳述の機会を設けることも、あわせて要請する。

 改正検察審査会法に基づき、検察審査会が再び「起訴相当」を議決すれば、裁判所が指定した弁護士が強制的に起訴する。

【関連記事】
高まる検察審査会の存在感 JR西歴代3社長はどうなる?
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西と遺族、23年3月めどに報告書
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
“元凶”元相談役が説明会欠席 遺族に募るJR西への不信感

東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
今冬初の流氷、オホーツク海で確認(読売新聞)
「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)
「無事でいて」長崎の漁船不明、無事願う家族(読売新聞)
posted by jh29bcdfkl at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。