2010年04月13日

行列「9時間待ち」!あのドーナツが名古屋進出(産経新聞)

 米国の人気ドーナツ店チェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が関東圏以外の最初の店として、JR名古屋駅隣接のJR名古屋高島屋に3月17日にオープンした。開店初日には約千人が列を作り、購入まで9時間待ちとなったことで話題になった店だ。

 本当に長時間並んで買うほどの味なのか?

 看板商品の「オリジナル・グレーズド」はふんわりと、そしてしっとりとした舌触り。思った以上にやわらかく、大人はもちろんのこと、子供も一緒に味わえるドーナツだ。時間は決まっていないが、1日の中である時間になると、店頭の看板が赤く点灯し、このときにドーナツを購入すると、なんとドーナツが別にもう1個、無料でもらえるという。できたてがおいしいことを実感してもらうための粋なサービスである。

 店の外側から、店内のドーナツづくりの様子を見ることができる。特製ミックス粉とイースト、水を専用の機械で混ぜてこね、発酵。植物性の油で揚げた後、砂糖をのせてできあがり。

 4月14日からは5月のこどもの日と母の日に合わせた期間限定メニューも登場。同チェーンの日本法人は名古屋に続き、大阪・心斎橋にも出店を計画。おいしいものには目がない、舌の肥えた浪速っ子がどんな評価を出すのかが、楽しみだ。(松村信仁)

【関連記事】
あの人気ドーナツ店、首都圏以外に初出店 JR名古屋高島屋
クリスピードーナツ、4月に関西初出店
相武紗季さんら40人の“ミス”が応援 女性視点のミスド新商品
吉野家値下げせず!? “牛丼デフレ”の試練
辻希美&矢口真里がアピール…モスとミスドがコラボ
「中国内陸部の資源事情とは…?」

雑記帳 ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場(毎日新聞)
<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)
読み終わったらラテでブレイク。珈琲マンガ「バリスタ」発売
ランドセルしょって、ペンギンお散歩(読売新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
posted by jh29bcdfkl at 02:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。